小倉城 公認パフォーマンスアート「RASEN」 
By Takuya Ikematsu Follow | Public

★RASENとは?★
2019年6月に行われた、G20福岡財務大臣・中央銀行総裁会議歓迎レセプションで再会した書道家・杉田廣貴と、和太鼓奏者・岩切響一を中心に結成された異色のアート集団。

日本人が古来より大切にしてきた「調和」の尊さと、世界への「循環」を、アートやデザイン、パフォーマンスを通じて表現したい、という熱き2人の思いに答えたメンバーが集結。スタートメンバーは、書、和太鼓、舞踏、歌、音楽、映像、光のエキスパートたち。RASENの一番の強みは、メンバーたちのジャンルを超えたコラボレーション。日本の古典とアートが融合した多様な表現を絡ませ繋ぎ、そして真のアートへと昇華させる。

★テーマは「リジェネレーション 〜再生〜」★
想いや祈りだけでは変わらない、行動に移して初めて社会は変わり始める。
求められるエシカルでサスティナブルな社会。しかしまだ馴染みがなく、生活やビジネスに取り込むにはリスクがあります。「RASEN」は社会をもっと良くしようと試みる人や企業の活動を表現し、勇気づけます。


⚫︎アーティスト紹介⚫︎
杉田 廣貴
Sugita koki
書道家/ARTIST

宮崎県出身。鹿児島大学工学部卒。
ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。カルティエをはじめ 企業・店舗、映画などに作品が採用される。2019年はG20で書道パフォーマンスを披露、G20YEAではトーチパスも担当した。

ーーー
岩切 響一
Iwakiri kyoichi
WADAIKO ARTIST

宮崎県出身。日本太鼓ジュニアコンクールで、最優秀内閣総理大臣賞を2回獲得。 次世代を担う和太鼓奏者として注目される。伝統的な太鼓のリズムだけでなく、洋楽のリズムなども表現に取り入れている。プロとして演奏活動を続ける一方、舞台の演出、新曲作りなど、新たな太鼓の可能性を追求し続けている。

ーーー
良 香
Ryoko
舞踏表現家

バレエを基本とし、日舞をはじめあらゆるダンスを習得。誰にもできない「良香の舞」を創り上げた。
ミスユニバースジャパン奈良 ダンス&エクササイズ講師、スポーツブランドReebok one elite
日本代表としてドイツShowDance世界大会二年連続出場

ーーー
HAKU
(ハク)
SINGER

佐賀県出身。2018年1月に開催した東京六本木CLAPS・福岡イムズホールでのワンマンツアーにおいてジャズベースの第一人者 納浩一ほか日本の音楽界を代表するミュージシャンを配し、計350人を動員した。現在も九州での活動を拠点に”美しい日本語”を世界に届ける活動を行なっている。